So-net無料ブログ作成
検索選択

オルカアゲイン [読書メモ]

カナダのジョンストン海峡には、毎年夏になると
シャチの群がやってきます。
動物写真家の筆者が9年間、ここを訪れる
シャチの家族を見つめ、そして、この地を去る事を決意するまでが
美しい写真と文章で綴られています。

母系家族で行動するシャチは、群ごとに識別されています。
産まれたばかりの子シャチは、白い部分もまだオレンジがかって
泳ぎもたどたどしく、お母さんたちに甘え、
若者シャチは、精悍なジャンプを見せてくれます。
そして、知的好奇心が旺盛な彼らは、よく遊びます。
ジャンプはもちろん、海草に巻きついてみたり、
丸い石が一面に転がっている浅瀬に体をこすりつけてみたり、
スパイホッピングで、船を覗いたり、併走してみたり・・・

強いもの、美しいものへの憧れと尊敬の気持ち
その象徴が、私にとってはシャチでした。
自然の中の彼らの本当の姿や考えは知る由もなくとも
イルカやシャチがこどもの頃から好きでした。
これは今も大切な1冊です

著者:水口 博也

オルカアゲイン(ORCA AGAIN)

オルカアゲイン(ORCA AGAIN)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。