So-net無料ブログ作成
検索選択

てぶくろ [読書メモ]

冬の厳しいウクライナの民話です。
おじいさんが森でてぶくろを落とすと、
ねずみやら、かえるやら、うさぎやら、きつねに、おおかみ、
いのしし、あげくのはてには熊までもが住み着いてしまいます。
住民が増えるにしたがって、窓は作られるは
はしごはかけられるは、
柱はもちろん、呼び鈴までつけちゃうもんだから、
縫い目がびよぉぉ~~んとほつれてきてしまうのは
当然っちゃ~当然なんですが、
この普段は喰う、喰われるの間柄の動物たちが
とっても平和に入っているのには、うれしくなっちゃいます
熊が”わしもいれてくれ~”ときたときも
満員だけど、”しょうがない、でも、ほんのはじっこに
してくださいよ”と受け入れてしまう^-^

ラストが大好きです。おじいさんが落とした手袋を
拾いに戻ると、動物は森に逃げ帰って行くのですが
なにごともなかったかのように
”おじいさんがやってきて、てぶくろをひろいました”
としめられるのです。
窓は!?のび~~~ちゃったんじゃなかった!?
なんてつっこみは無粋です。
もとどおりになっただけなんですから・・・

この本は、次男が赤ちゃんの頃に書店で出会いました。
1歳の幼児の心にもスーパーヒットしたのでしょう。
行くたびにこの本をひらきたがりました。
クリスマスプレゼントされたこの本は、今も次男の机に
大切に置かれています。赤ちゃんの頃の思いでは
遠い事になっていても、なんとなく愛着があるのですね。
周りに置かれる本が次々変わる中、定位置にあるのです・・・

てぶくろ―ウクライナ民話

てぶくろ―ウクライナ民話

  • 作者: エウゲーニー・M・ラチョフ, うちだ りさこ
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1965/11
  • メディア: -


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 4

こるれおーね

エエ話やなー。
思いっきり和みますな。
そうそう、細かいことはどうでもいいのさ、平和ならばね。

といいつつ。。。
どれだけデカイ手袋やねん!!
と一応突っ込んでおくわ。。。(笑)
by こるれおーね (2005-05-10 20:44) 

まみ

こるにゃん、まいど~
そうなんす。おもいきし和めます。のほほんです^-^
熊が入っても戻る復元力、すぎょいでしょ?
のほほんパワー炸裂ですわ。ぷぷぷ
by まみ (2005-05-10 22:36) 

kero

家にも この絵本ありますよ。
やはり 子供達は好きでしたね。
今は 押入れの中です。そのうち 孫ができたら 読んであげるんです。
今は それが夢です。
そういう絵本が 数十冊待機してます。
by kero (2005-05-11 18:32) 

まみ

keroちゃん、まいど♪
かわいいお話ですよね。これがイイって気持ちを持ったまま
大きくなる子がいっぱいいれば、悲しい争いがなくなるんじゃないでしょうか。
孫をひざに乗せて、ば~ばが絵本を読んであげる。わくわくするような夢だね。
意外とすぐに実現されたりしてね^_-
by まみ (2005-05-12 16:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。